先輩社員紹介  ソフトウェアデザイン事業部  木村昂史

はじめての転職。少数精鋭で出来る人しかいないアクシスウェアは衝撃だった。システムエンジニア

プロフィールと最近の担当業務

大学では農学部に所属し、昆虫の研究を行っていました。大学卒業後に、アクシスウェアに入社。“虫は好きだがバグは嫌い”笑
入社後は、大手小売業向け受発注システムのインフラ運用業務でキャリアをスタートし、24/365対応で仮想からオンプレまで幅広く業務を行いました。
現在はWEBアプリケーション開発に従事しており、スクラム開発・テスト自動化を導入し、要件定義、工数管理、設計、製造
などを担当しています。
Enterprise向けiOSアプリケーション開発も行い、インフラからネイティブアプリまで幅広く担当しています。

アクシスウェア入社の決め手

私はずっとIT業界には興味があり、IT業界で活躍したいという強い思いがありました。 ですが、大学は農学部の出身でありIT業界に飛び込むことは非常に不安でした。 アクシスウェアへの入社の決め手は、採用面談時に社長より直々に技術を教えていただいたことです。まだ採用や入社が決まっていない時点で指導をしていただけたことに感銘を受け、入社を決めました。

広く視野を持つことの
大切さを教えてもらった

私は最初、ソフトウェア開発を希望していました。しかしアサインされたのはインフラの案件でした。その時の気持ちは、“なぜ?”。…もちろん不満や不安もありました。 当時は理解ができなかったけれど、今となってはインフラを最初に経験してよかったと思います。ソフトウェア開発の現場でもインフラの知識は極めて役に立つので、その時の経験は私の強みとして今活きています。 アクシスウェアは、右も左もわからず飛び込んだ私に、将来を見据え広く視野を持つことを教えてくれました。常に社員の将来を考えてくれているのだと実感したエピソードです。

仲間のモチベーションの高さ

以前アジャイル型開発導入の旗振りをさせていただいたとき、仲間のモチベーションの高さを実感しました。 他社に行ったときの経験から、導入となると指示待ちの受け身の人が多いイメージだったのですが、この時の技術者にはお客様からの依頼や指示だけを待つような人は1人もいませんでした。 本当に仲間1人ひとりのモチベーションが高く、仕事に対しプロアクティブに取り組む人しかいない環境は刺激と学びが多いです。

新卒から入社する魅力

新卒でやらせてもらえることがたくさんある!これに尽きると思います。 IT業界では一般的に新卒はテスト工程だけだったり、成長の感じることのできない仕事だったりと下流工程を長年することが多い業界です。しかし、アクシスウェアの新卒はテストの自動化に取り組んだり、お客様にも信頼されてバリバリとコードを書いたりできます。さらには、積極的にお客様との打ち合わせに参加したりし、上流工程の要件定義にも取り組んでいます。 これらができるのは、お客様からの信頼の大きさがある。且つ、入社後研修の充実や“やる気”を応援してくれる環境が整っているからだと思います。

入社を検討されている皆さんへ

アクシスウェアは “成長”を常に意識させてくれる最高の環境です。 先輩は質問に対して惜しみなく時間を割いて教えてくれますし、新しい技術や取組には勉強会を開いてくれます。今自分がやっている仕事がプロジェクトやチームにおいてどんな役割を持っているのかを教えてくれます。だからこそ成長ができます。 もちろん新卒だけではなく、中途で入社される方も同じです。 アクシスウェアには今まで培ってきた技術や知識を活かせる、そして更に成長させるチャンスが沢山用意されています。“できること”ではなく“挑戦すること”に意味を見出せる環境ってなかなか無いのではないでしょうか?是非それを体感して欲しいです。